スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いい夏!
私は夏大好き人間なので今日みたいに、いかにも夏!て日は思わず走っちゃいますよ。
海いきたーい!

桐生の試合さっきまで見てました。
最後、守備妨害で試合終了と実況から告げられた時は頭がまっしろでしたよ。
特別応援してるわけじゃないけど、守備妨害で終了て悲しすぎる!
まあ、間違いだったわけですが…。

さて、今から通り魔事件のあった現場に行きますよ。まさか二度同じ現場で起こらないとは思うが、怖いことは怖い!
いてきます…。
キター!!
20080726183308
20080726183306
朝から家中の金かき集めましたよ。
ヤバイ、もう金がない!
バイトしなきゃ…。

にしても破断層とか出てるんだけど…こ、これは?
もう、この日しか残ってない
今から、DVD借りるためだけに新宿行ってきます。
頼む、あってくれよ!!
新ビ面白すぎて1BOXすぐに見終えちゃったよ…。
ネタが浮かばないまま時が過ぎた!

何もなかったら花火見て帰る…新宿から歩いていけば見れると思う…。

拍手返信!
どら子さん>

今までひゃっぺんくらい言ってきたのでようやく行動に移しました!
富士の山は高かった…!

私の体質的に、かなりキツカッたですが富士山から見る下界は綺麗ですよ!感動します。
あと、人間がいかに電気使いまくってるかも一発でわかります。夜明けになっても起きてる家の多い事!山梨県民よ、夜更かしは禁物だぞ!

体調は回復してるんだかなんだかわからないですが…動けることは動けるので遊びましょう!
カラオケ行きたいと身体中が叫んでいる…!
雲の上!
気持ち悪さは依然として続いてます。
でも、寝てるだけだと体内時間狂うから昼間は起きておくようにしているんだ‥
遊びに行きたいーーー

これ、雲の上画像。
DSCN0447.jpg

頂上からの景色。
富士は本当に素晴らしい。
てっぺんてっぺん昇って来ました!
先週の土曜日、とうとう…やりましたよ。
小学校の頃から夢見ていた富士登山!
絶対日の出を拝んでやる!と思って夕方出発しました。‥が、しょっぱなからバスの時間に遅刻。一緒に行く友人CAPに
先に行くように言ったら向こうも自宅で支度をしている最中だった…。
おお!見事にさい先が悪い!

結局、一時間遅いバスに乗って、二時間遅く五合目から出発しました。
私たちは吉田口から行きましたよ。
DSCN0406.jpg


‥が、この時既に微妙に頭が痛かった…。
小学校の頃七合目まで行ったときはそんなにひどくなかったのに、なぜ???
まぁ、この理由は後に明らかになるわけですが…。

「がってん承知の助」聞きながらヘッドライト灯して歩いてました。
ヘッドライトあっても前が見えないんだぜ!

この時の私の装備…リュックに食物大量、衣服大量…かなり重い。
そして、セーター+ウィンドブレーカー二枚重ね。
下、スパッツの上に短パン、ジャージ、パジャマ、レインコート‥
と、かなり重装備。
だって寒いって聞いてたから。
ところが!!全然寒くない!むしろ熱い!
今年の冬、貴船山昇った時も思ったけど、動いていると暑くなるから重装備は逆効果だったんですよね。忘れていました。
おまけに、気がついたら短パンが膝元まで下がっている!
ボタンを付け忘れていた‥!
それと一緒にジャージまで下がって来ている。
7合目付近は岩登りなんですが、通常の三倍の筋力を使って岩を昇る事になり、かなりきつかったです。
こういう状態↓


これでかなりの体力を消耗しました。
もう、手足に力はいらなくてガクガク震えて来て‥
まぁ、これが体力消耗のせいかなんなのかは未だにわからないんですけど、
ここで普通の人よりも体力が奪われたのは事実です。
七合目途中の山小屋でズボン二枚脱いでようやくスッキリしたけどこの頃にはもう、
体力は残っていなかった…。

こんな調子だったので岩登り途中で友人CAPに先に行ってもらいました。
マイペースに行った方が良さそうだったから。
よく見ると集団行動で昇っているのって男ばっかりだった…。

ズボンを脱いだから楽になったかな?と思ったら…
次にもっと恐ろしいことが起こりました。
岩登りの最中に足がつった!!!!
列になって進んでたのに、いきなり私がうずくまりだして、周りの外人さんビックリしていた。
「どうしたの?なにかあったの?」と言われるんだけど
足つったってどう言えばいいかわからず、先に行けと促していました。
後から日本人の女性が来て、「ミネラルが不足してるからつるのよ。梅干しあげるから!」
と言って梅干しくれました。
ポカリ二本持って行ったにも関わらず全然飲んでいなかったのが仇に!
まぁ、元からつりやすかったけど…。岩場や砂利道はけっこう危険なのです。

ここでしばらく休憩していたせいか、周りには人がいなくなってしまい、
本格的に一人行動になりました。
列になってると人の光で前が見えるんだけど、一人だと本気で前が見えない!
足下しかわからないから、自分が歩いているコースが合っているのか?最善の道なのか?これがわからない!
DSCN0414.jpg


何度かコースはずれたりしてました…。
そんな危険な状態なので、人が来るまで仙人みたいに岩場に座って待っていたりしましたよ。
ある意味、一人行動にして正解だったのかも…。
なんか、色々と楽しめる!

…まぁ登っている最中は「何で私こんなところにきているんだろう。疲れるだけじゃん」とか思っていました。
八合目付近で高山病がひどくなって気持ち悪くて頭痛くなったのでイブ飲んだらスッキリしましたよ。
何も食べていないの思い出してオレオを取り出したらパンパンになっていた!
DSCN0410.png

結局2ツしか食べれなかった。食欲がわかないんですよね。これも高山病の一つみたい。
でも、ここで下山する方が危険だと思ったのでそのまま上目指しました。
もう、このあたりでは空がうっすら明るくなって来ている…

DSCN0419.jpg

本八合の山小屋で日が見え始めたんですが、本八合にいた男数人が
「おれ、もうここでいいわー。ここが俺の日本一だよ!」
と、素晴らしい名言をはいていたので私もそうしようかと思いましたが
ア太郎のあの歌を思い出して上を目指しました!
ひとまず本格的な日の出は人があまりいないところで見たかったのだ!

‥なので、八合目と八合目半の間の道ばたで優雅に日の出を見ましたよ!
DSCN0424.jpg

河口湖がフカヒレみたいだ!
DSCN0427.jpg


一人で見る日の出は格別だぜ!と思っていたら
おっちゃんが歩いて来た。
神秘的な画像…

DSCN0425.jpg

この時のBGMもまたやたら神秘的だった。
おっちゃん、手を合わせて拝んでたから私もやってみたり。

それにしても、後続の列になると、人もまばらなので会う人会う人と仲良くなれて
面白い!
DSCN0423.jpg


これ、八合目半あたりだったか?
みんな雪の方見て騒いでるから何事かと思ったら
スキーをやった痕が‥どうやってこんな急斜面を!?すごい根性だなーおい。

DSCN0429.jpg

ここら辺で、しばらく休んでいたら上からどんどん人が降りて来る!
どうやら日の出見終わって満足した客が下山してきているらしいんだけど、
上を見たらアリの行列のように混雑していて気持ち悪かった…。
下山して来た外人さんが
「上は混雑していたから嫌になって降りて来た」て言っていた。
後から友人に聞いたら、9合目はラッシュ状態だったみたいだ…!
よっぽど遅く行くか、早く行くかの方がいいみたいですよ…富士山。

でも、まぁ行くかと思ったら、
上に行くルートが二つある。
どっちだろうと思って聞いたら、キツイコースと楽なコースに別れているみたいだった。
もちろん楽なコース選びましたよ。
‥それでも楽じゃなかったんですけどね。

実はこの時点で、靴擦れで足が痛くて動かせなくなっていた。
元々外反母趾がひどかったんだけどむくみでパワーアップしていたのだ!
30歩進んでは痛くなって休憩‥を繰り返していた。
行く前に
「この靴はやめとけ」ってドクターストップかかったんだけど…
登山靴これしかなかったからこれで行っちゃったんだよね。
ものすごい後悔ですよ。
うちの母親が
「あんなところ普通の靴で充分。草履で行く人もいる」と言っていて、
本当かよー‥と思っていたら…。本当にみんな軽装備で来ているんだよね。
デッキシューズに短パンとかで来ている奴何人も見たよ。
多分、人それぞれなんだろうなー。
私には普通のスニーカーで充分だったと思う。むしろあれじゃなかったからひどい目にあった。

まぁ、そんなこんなで頂上目指してテクテク歩いていましたよ。
…で、遂に…
登頂ーーー!

DSCN0434.jpg

こ、ここが日本一か!!!
上に登ったら周り雲だらけですごく壮快だった。
DSCN0437.jpg

まずはCAPに連絡をとらなくてはと思い、定食屋さんで電話貸してもらおうと思ったら
「ソフトバンクは昨日から繋がったハズだよ。崖の方に行けば繋がる」ていうから崖に寄ったら三本立った!
今まで全然立たなかったのに、頂上の崖付近では立つって…いいのか悪いのか。

無事CAPと再会を果たし、お釜まで行ってみる。
うちの母親がお釜の中で寝たっていうから浅いんだと思っていたら…
こ、これは‥‥!!!
DSCN0438.png
DSCN0440.png
DSCN0441.png


これ、こうやって見るとわからないかもしれないけど
実際目の前で見ると「これ‥グランドキャニオンか!?」てくらい感動します。
あと、どうやってうちの親が下に降りたのかわからないくらい絶壁。
下から吹き上げる風が強くて下見れなかったけど、下覗いている人間みんな、
「これはマジチビリするわ!」て言ってた。
本当…どうやって降りたんだ…。
聞いてみたら、走って下まで降りて行ったらしい。
「そういえば降りている人他にいなかったわね」て言ってたけど、
みんな恐いから降りないんだよ!
なに者だうちのおかん!

まぁ、しばらくまったりして、下山しました。

DSCN0446.png


ちなみに、頂上でひいたおみくじ、末吉だった。
他の人みんな大吉出しているのに私だけ…
「おい、ここ大吉しかないんじゃねぇの!?」て言っている横で末吉…
でも、末吉が一番いいって言うからまぁいいか…‥

と思ったが!
実際このおみくじは当たっていた…
ちなみに、土日の占は☆一つ。足下に注意!とか無謀なことはするな!とか書いてあった。

八合目に荷物預けていたのでそれを取りに山小屋まで行った…ら
「よくこんな重いもの持って登山できたね」と言われた。
え‥
他の人ってそんな軽いのか…?

下山はかなりキツかった。
まず、どこで転ぶかわからないくらい砂利が多くて急な坂なんだ!
でもみんな走ってる。
走った方が早いんだと思って私も走ってみたら、確かに走った方が滑らない!
でも‥
延々続く下山が嫌になって最後…
本気で倒れました。
こんな道が続く↓
DSCN0449.jpg
DSCN0450.jpg

六号目の救護所でちょっと休ませてもらったけどやはり、体力が回復しなかった。
CAPに荷物を持ってもらったり色々してもらって五合目まで降りる事ができました。横になったらなんとか回復して家に帰れましたよ。救急車だけは呼びたくなかったんだ。
その後CAPに、「もう二度とあんたとは一緒に登らない!」と言われました。
だから先に帰れと行ったのに…!!!
みなさん、富士では同情はしてはいけませんよ!


‥が、富士の恐怖はこれだけでは終わらなかった!
家に帰るまでは体力回復していたんですが、夜中になったあたり…‥
また症状が出ました。
急いで寝たんですが、次の日も、次の日も同じ症状が出ている。
むしろ、悪くなっている!
これはおかしい…と思って病院に行ったら、
「高山病と一緒にノロウィルスにもやられている」と言われました。
下山した時、薬きかなかったんですよ…
今考えたらあれ、ノロだ。
二日睡眠不足状態で体力なくなってたから発症したんだと思われ!

ついでに言うと、器官機症候群だという事もわかりました。
私、普通に暮らしていても呼吸困難に陥ったり、気持ち悪くなったりするんですよ。
メニエールのせいもあるんですけど。
そういう人がいきなり富士山行っちゃうと酸素を吸い込もうと思えば思うほど逆効果になり、ストレスになるらしい。
「手足震えなかった?」て言われて、
‥‥‥‥‥‥‥あ!
七合目の岩登りの時のあれ…‥体力消耗の震えじゃなくて器官機症候群の震えだったのか…!

と、下山してから色々わかりました。
「でも、そんな症状持ってて、ウィルスにやられて高山病になって両足怪我してるのに頂上登ったのってすごいね!自信につながったでしょ?」
て言われたけど…
そんなに色んなもん抱えてたのかとわかって逆に自信喪失ですよ。
次行く時は‥自分の足にあった登山靴買って、事前に内科行ってから行きます。

さて、と
これから内科と外科に行ってきますよ。
今この時点でフラフラなのに行けるんだろうか。
まぁ、とりあえず日本一のところには登ったぜ!
Copyright © JR暇な時日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。